タグ一覧

フォックス/ウール/シルクを混紡した超高級ニット!雰囲気抜群のクワイエットラグジュアリーアイテム「HIGH-END OVERSIZE KNIT」発売!

今回はCTHY史上最高の高級ニットを開発しました

高級素材をふんだんに使用し、毛足が長く風合い抜群。

さらにチクチク感も皆無。

加えてモックネックで大人っぽさと小顔効果もプラス、と、一部の隙もない完成度に仕上がっています。

今年の秋冬は例年以上にニットが注目されるので、ぜひメイントップスとして押さえておいて欲しい逸品です。

トレンドライクかつ雰囲気抜群な秋冬コーデが構築でき、寒い季節でもファッションを最大限楽しんで頂けます。

発売日は6/29(土)21:00-。

前日の6/28(金)にはまとめの公式ライン登録者限定で先行発売を致します。

先行発売当日の20:30頃に入場パスワードを配信するので、確実に手に入れたい方はぜひご登録下さい。

HIGH-END OVERSIZE KNIT

ニットは秋冬において定番中の定番アイテム。

誰しも一枚は持っているはずです。

そんなニットですが特に今年は要注目アイテムの1つ。

「クワイエットラグジュアリー」をお題目としてクラシカルな流れがさらに強まってきました。

ファッションが好きな方の中には、以前ならスウェットだったけど今年はニットが気になる、という方もいるはずです。

そこで今回は差別化可能でモダンかつシックな大人が着るべきニットを開発しました。

ニットの魅力といえばまず保温性の高さが挙げられるでしょう。

ニットは何本もの糸を編み込むように形成されている素材。

その繊維の隙間に身体から発せられた暖かな空気が滞留することで保温性が高くなっています。

秋冬の寒い季節には欠かせない素材だと言えるでしょう。

また街着からビジネスシーンまで取り入れられる汎用性の高さも魅力。

ニットは編み目が細かなものはハイゲージ、ざっくりしたものはローゲージとよばれます。

ハイゲージはツヤがありつるっとした生地感でフォーマル寄りの印象。そのためビジネスシーンから街着まで幅広く着用されます。

一方、ローゲージはざっくりした生地感でラフな印象。

街着として着用される方が多いです。

そんな秋冬アイテムの代名詞であるニットですが、意外と苦手という方が多いのも事実。

ハイゲージのフォーマル感やミニマル感が街着にする場合ミスマッチに思える、ローゲージは可愛いイメージがあったりボリュームがあって暑そう、、など。

見た目の印象などでも敬遠している方も多いのではないでしょうか。

何より問題なのはニット素材特有のチクチク感。

これによりニットが着用できないと思う方もいるでしょう。

今までずっと明言してきましたが、僕自身もニットのチクチク感はかなり気になるほう。

カッコいいと思うニットであっても着用感が気になってしまうと着用を避けてしまい結局着なかった、、なんてこともかなりありました。

これに共感してくれる方も多いのではないでしょうか。

なのでCTHYではチクチク感を第一に考え、ニットを開発しています。

これまでも数型展開してきましたが、手に取って頂いた方なら着心地の良さを体感しているはず。

今回もチクチク感を最大限抑え、見た目の風合いにも拘った素材使いでニットを作成しました。

まずニットの見た目を決める大きなポイントは素材感でしょう。

ツヤの有無、毛足の有無、ゲージの大きさなどにより印象は大きく変わります。

今回は高級感がありつつもフォーマルライクにならずラフな印象で使いやすい素材感を探し求めました。

理想となる生地感が市場ではほとんど見ないものなのでかなり骨が折れましたがようやく発見。

結果としてフォックス、ウール、シルクの混紡素材に辿り着きました。

皆さんも感じているでしょうが、高級素材のオンパレードです。

まずフォックスとはその名の通り狐のこと。

ツヤのある長めの毛足で密度もあるので、豊かなボリューム感が特徴です。

今回はそんなフォックスの中でも高級とされるシルバーフォックスを使用しました。

上品なツヤと滑らかな質感はカシミヤにも劣らないと言われています。

高級毛皮製品としても多く使用されていることからも、その風合いの良さと質感の良さは飛び抜けていると言えるでしょう。

ウールも言わずと知れた高級素材の1つ。

近年は特に価格が高騰していて庶民には中々手が出せない素材になってきました。

ウールが混紡されているデザイナーズのニットなども急激に価格が高くなっています。

そもそもウールとは、羊からとれる天然繊維。

防寒性に優れ、弾性がありシワになりにくいのが特徴です。

肉厚な素材も魅力で、糸が細くなりがちな高級繊維と混紡させることで製品にボリューム感や保温性をプラスできます。

今回はメリノウールという「メリノ種」から採れる高品質な羊毛を使用しています。

主な産地は、オーストラリア、ニュージーランド、フランスの3ヶ国。

その中でも流通するメリノウールの40%を占め、生産量、品質ともにトップと言われるのがオーストラリア産のメリノウールです。

オーストラリア産は毛の色が白く、非常に丈夫でしなやかな繊維質が特徴。

ツヤ感と細く均一な繊維質が特徴で、数あるウールの中でも最高ランクに位置付けられています。

世界で最も優れた品種の羊とも言われ、ニットとして仕立てるならオーストラリア産以上に適した品種はないと言われるほどです。

シルクも高級素材と言われて誰しもが真っ先にあげる素材でしょう。

蚕の繭から作られるタンパク質で構成された天然繊維です。

そしてシルクは天然繊維で唯一の「フィラメント繊維」と呼ばれる長繊維でもあります。

それにより上品なツヤ、なめらかさなどの破格の高級感と、シワになりにくい機能性なども備わった素材です。

また肌の成分に近いとされ皮膚への刺激がとても少なく、これ以上ない肌あたりの良さも特徴です。

そんなシルクも混紡することで、更なる高級感と肌触りの良さをプラス。

フォックス、ウール、シルク、3者の良い所採りをした素材感になっています。

そんな素材を起毛させています。

起毛は、洗いとブラッシングを手作業で行いバランスを調整。

非常に手間のかかる仕上げですが、これにより高級感と雰囲気が格段に向上しています。

生地の表面がふわふわと毛羽立ち、素材感の良さとボリューム感がさらにアップ。

立体感が出て厚みも増すので、製品の高級感もぐっと高まっています。

毛足のボリュームによって視覚的に奥行き、立体感があり、濃淡の陰影が生まれるのもポイント。

単色でシンプルながら、柄ニットとはまた違ったアプローチで差別化を効かせられます。

また、ふんわりとした素材感になることで着心地も向上。

滑らかかつふんわりとした気持ちの良い着用感に仕上がっています。

ニットのチクチク感をなくして着心地の良さを高めるために、通常であれば化学繊維のアクリルが混紡されることが多いです。

アクリルはウールに似た性質を持たせることが出来るので、ニット製品で多用される繊維ですが、その弊害としてテカリが発生しやすくなります。

いくら着心地が良くても、テカってしまいチープな風合いのニットは着用したくないはず。

とはいえ見た目が良くてもチクチク感が気になるのもできれば避けたいもの。

そして今回は素材使いと起毛によりこの問題を払拭しました。

天然繊維100%ながら驚くほどの着心地の良さを体感して下さい。

着心地だけでなく保温性も十分あります。

フォックスやウールによるボリューム感に起毛をかけているので、保温性はかなり高いです。

今年の1-2月頃はサンプル段階(素材は同じ)で実際に着用していましたが、気温が低く寒いと感じる日でもこれ一枚で過ごせてしまったほど。

保温性に関しては必要十分と言えます。

ただ保温性が高くてボリュームがあって、となると気になるのは重さでしょう。

ローゲージのニットなど保温性の高いニットは総じて重量があり着用しているだけで疲れてしまった経験がある方もいるはず。

そこも今回は払拭しました。

驚くほど軽い着心地になっています。

保温性の割に、ということでなく単純に非常に軽いです。

ニットにありがちな暖かいけど重くて疲れる、という感覚とは無縁で着用頂けます。

素材感に特徴があるので大きなデザインは入れずシンプルに拘りました。

ネックはモックネック気味で高さがあります。

ハイネックなどの首に当たるディテールのチクチク感や違和感が苦手なので、元々モックネックが好み。

ということもあり形状にもこだわりました。

首に吸い付くような形状では無く立体感のある形状。

首が太い、短いなどコンプレックスのある方でも問題なく着用して頂けます。

シンプルなニットながら、大人っぽさと小顔効果を最大限発揮できるディテールです。

またネックと袖裾にはリブ風に編み時を切り替えています。

シンプルなニットの中で自然にデザイン性をプラスしました。

かなりゆるめの締め付けになっているので、変にシルエットが変わることはありません。

サイドには深めのスリットを備えています。

生地がストンと落ちることで着用時にシルエットが崩れず、どんなシーンでも綺麗な見た目をキープ。

着用時に生地が揺れ動くことで、リュクスな雰囲気を演出できます。

またパンツポケットへのアクセスも楽。

秋冬のレイヤードもしっかり楽しめます。

シルエットはオーバーサイズ。

今回かなり調整を繰り返して仕上がった万能シルエットです。

アウターを着てももたつかず、インナーにシャツなどを入れてもゆとりのあるサイズ感に仕上げました。

リラックスした身幅やアームに対して、前後差をつけた着丈がアクセントになっています。

フロントから見るとゆったりしつつもスッキリ感があり誰からも好印象。

バックから見ると長めの着丈により生地が揺れて高級感が強調されます。

さらにヒップが隠れるので体型カバー効果も抜群です。

カラーはブラック1色。

サンプルでは何色も作成しましたが、ブラックが最もこのニットの風合いと相性が良く1色展開に決定。

シンプルでありつつも、毛足の長さで地味さはなく、モード感やシックな印象を最大限に演出できています。

とはいえ実際の合わせ方や他のコーディネートが見たいなど実際に手に取ってから疑問が出る方もいるでしょう。

そんな方のために僕の運営しているブランドでは購入者様限定のコミュニティを設けていて、そこで着こなし相談などのアフターフォローもさせて頂いてるので安心してチャレンジしてみて下さい。

価格は税込¥39,000。

発売日は6/29(土)21:00-です。 

また前日の6/28(金)にはまとめの公式ライン登録者限定で先行発売を致します。 

新作アイテムは、主に公式LINEでお知らせをしています。

お知らせ以外にも、アイテムを確実にゲットできる先行販売や、お得な情報をお届け中。

もちろん完全無料ですので、興味をお持ちいただいた方はぜひご登録ください。

>>お友だち登録はこちら

※CTHYでは同ランクの素材を使用したアイテムで比較して、市場の半額、またはそれよりも安い価格で商品を販売しています。

もちろん商品によって多少のバラつきはありますが、概ねこれくらいの価格設定です。

その理由は、まず卸売を行わない「D2C」形式により中間コストを削減していること。

次に受注生産により無駄な在庫を持たないこと。

そしてBlog・YouTube・SNSなどをメイン集客とし、広告費を掛けないこと。

その他にも色々ありますが、主に上記3つを徹底することでハイコストパフォーマンスを実現しています。

ちなみに生産背景は有名ブランドも手がけるような信頼と実績のある工場です。

なので商品クオリティも市場に存在するブランドと遜色のないどころか、かなりトップのレベルだと自負しています。

またそれに加えてアフターフォローにも力を入れることで、お客様との信頼関係を構築し、多くの方にリピートを頂けています。

今後もこの販売体制を維持できるよう努めていき、よりクオリティの高いアイテムを製作していきますので楽しみにお待ちください。

SHARE

公式LINEに登録する 公式LINEに登録する