タグ一覧

【評判】ステュディオスとは?オススメの年齢層やサイズ感を徹底解説

STUDIOUS(ステュディオス)ってどんなブランドなんだろう?調べてみたけどよく分からないなあ。

こんな疑問にお答えする、セレクトショップ解説シリーズ。

今回は、特に若者を中心に人気を誇るセレクトショップ「STUDIOUS」についてご紹介します。

ステュディオスってどんなブランド?

STUDIOUSとは、日本国内のデザイナーズブランドに特化したセレクトショップです。

従来のセレクトショップが「海外のブランドを日本へ」というスタンスなのに対して、STUDIOUSは「日本のブランドを世界へ」というビジョンを掲げ、日本国内ブランドのアイテムを中心にセレクトし販売を行っています。

またSTUDIOUSは、苦戦を強いられる昨今のアパレル業界において躍進的な成長を続けている「TOKYO BASE」の看板ブランドでもあります。

TOKYO BASEは、今回ご紹介する「STUDIOUS」の他にも、オールメイドインジャパンのオリジナル商品を扱う「UNITED TOKYO」「PUBLIC TOKYO」、高価格帯セレクトショップの「THE TOKYO」も展開していることで有名ですね。

次に、意外とよく分からない人も多い、系列ブランドの違いを見ていきましょう。

ユナイテッドトウキョウなど系列ブランドとの違い

まず一番の違いは業態です。UNITED TOKYOとPUBLIC TOKYOが自社商品のみを販売するオリジナルブランドなのに対し、STUDIOUSは国内デザイナーズブランドの商品を仕入れて販売するセレクトショップ業態になります。

またアイテムのテイストについても、デザイン・価格・ターゲットなど、しっかり棲み分けがされています。

STUDIOUSは20~30代のファッション感度の高い若い世代をターゲットにしており、日本国内ブランドのセレクトに特化しています。若者向けながら価格帯は1.5万円〜とやや高めの設定です。

一方のUNITED TOKYOとPUBLIC TOKYOは、どちらも20〜40代の幅広い世代をターゲットにしており、オールメイドインジャパンにこだわったオリジナル商品を販売しています。

違いはデザインで、どちらもベースはシンプルでベーシックですが、UNITED TOKYOはモード寄り、PUBLIC TOKYOはカジュアル寄り、といった特徴があります。価格帯はPUBLIC TOKYOの方がやや安めの設定です。

1つ注意点として、今回ご紹介している「ステュディオス(STUDIOUS)」と「アクネストゥディオズ(Acne Studios)」は全くの別ブランドです。

名前が似ているため混同されやすいですが、「アクネ ストゥディオズ」はデニムで有名なスウェーデンのファッションブランドで、ステュディオスとは無関係なので注意しましょう。

THE TOKYO(ザトウキョウ)とは

トウキョウベースのハイエンド業態に、THE TOKYO(ザトウキョウ)というセレクトショップがあるので簡単に紹介します。

30〜50代くらいまでの大人をターゲットに、腕利きのバイヤーが高感度な日本ブランドのみを厳選して買い付けているのが特徴。

どのアイテムもクオリティ高めですし、比較的まだ有名でないドメスティックブランドの取り扱いも多いので、個人的にもかなり好き。

テイストはカジュアル寄りのものが多いですが、服好きにはぜひチェックして欲しいおすすめショップです。

ステュディオスの卒業生にもおすすめ。

THE TOKYO 価格帯

トウキョウベース系列の中ではもっとも価格帯の高いショップです。

アイテムごとバラつきはありますが、中心価格は2〜4万円。

シャツは2万円〜、ブルゾン・カーディガン・パンツは3万円〜、アウターなどは4〜8万円前後といった具合です。

THE TOKYO 店舗

丸の内、六本木、表参道の合計3店舗を展開しています。(2022年時点)

「セレクト型コミュニティストア」というコンセプトを掲げ、ラウンジでゆっくりとお買い物を楽しめる空間設計が特徴。

ちなみに僕が店舗に行ったときは、無料のドリンクサービスがありました。

店内のソファに腰掛けていたところ、店員さんが「ドリンクはいかがですか?」と声を掛けてくれまして、水・コーヒー・ペリエ(炭酸水)から好きなものをチョイス。

公として行っているサービスでは無いのでこちらからオーダーはできませんが、接客に力を入れていることが分かる素敵なサービスです。

↓スパークリングワインを出されたお客さんもいるみたい。

また、1つだけ気を付けて欲しいのは、「予約制ではない」という点です。

各店舗のホームページには「サロンのように予約を取ってご来店いただくご予約優先営業」という記載がありますが、実際は予約不要で来店ができます。

オープン当初は予約制でしたが、現在は撤廃されているとのことです。

A+TOKYO(エープラストウキョウ)とは

2021年にスタートした、アクティブファッションに特化したセレクトショップです。

新宿に2店舗、池袋に1店舗、大阪に1店舗、合計4店舗を展開(2022年時点)。

いちばんの特徴は、スポーツとファッションを融合させた都会的なデザイン。

一般的なスポーツブランドは快適性や機能性が重視されるため、ファッションとしてのデザインやシルエットは削ぎ落とされがち。

一方、A+TOKYOは快適性や機能性を追求しつつ、都会的でスタイリッシュなデザインに仕上げています。

価格は8,000〜1.5万円前後とまあまあリーズナブル。アウターなどの一部商品は2万円〜といった感じです。

A+TOKYO 年齢層

A+TOKYOのメインターゲットは20〜40代。

街着としても着用できるスタイリッシュなデザインのアイテムが多めなので、スポーツにお洒落を取り入れたい人、スポーツはしないけど機能的な素材が好きな人などにおすすめです。

友人と皇居ランをしてインスタグラムに写真を投稿するような、スポーツをライトに楽しむ人にはピッタリなショップだと思います。

A+TOKYO 評判

A+TOKYOの評判を調べてみたところ、比較的新しいブランドということもあり、クチコミがとても少なかったです。

見つかったクチコミはどれも好意的なものでした。

ステュディオスの特徴(デザイン・品質・サイズ感など)

最大の特徴は日本ブランドにこだわった高いセレクト力です。

下記のブランドコンセプトにもある通り、ドメスティックと呼ばれる日本ブランドに強いこだわりを持っており、メイドインジャパンのクオリティーの発信をし続けています。

Produced by TOKYO.

ドメスティックと呼ばれるTOKYOブランドに徹底的に拘り、コレクションだけではない、TOKYO発の新たなスタイルを発信し続ける。

もはや、日本と世界の間に、境界線などない。東京は、とてつもなく、世界そのものだ。だからこそ、東京であることの、アイデンティティーを強く持つ。東京から生まれるものの意味を、噛みしめる。

「メイドインジャパンのクオリティー。」それは大前提に過ぎない。東京が育む多様性。東京が研ぎ澄ます感性。二つの糸が柔軟かつ繊細に紡ぐ、クリエイションを誇る。

出典:STUDIOUS公式ホームページ

また、一口にセレクトショップ と言っても商品のセレクト力はピンキリです。中にはセレクトに力を入れずに原価率の低い(儲かる)自社商品ばかりを並べているショップもありますが、STUDIOUSは本当にしっかりとセレクトがされている印象です。

実際に店舗に行って商品を手に取っていただければ分かると思いますが、日本のデザイナーズブランドこだわったセレクトをしているだけあって、素材感は高品質ですし、色や柄、シルエットも洗練されています。

サイズ感としては、以前のSTUDIOUSはシンプルで細身の商品が中心でしたが、近年はトレンドの影響も受けてオーバーサイズの商品も増え、デザインも攻めた洋服が増えてきました。この辺りはトレンドに即して柔軟に対応している印象です。

次に、具体的な価格帯について見ていきましょう。

ステュディオスの価格帯

STUDIOUSの価格帯は、自社オリジナルではなく日本のデザイナーズブランドを厳選して仕入れていることもあり、一般的なセレクトショップの平均よりもやや高めです。

オンラインショップを参考にした中心価格帯は以下の通りです。

▼系列ブランドとの比較
・STUDIOUS:1.5〜3万円前後が中心で、アウターなど一部商品は3万円〜
・UNITED TOKYO:1〜2万円前後が中心で、アウターなど一部商品は3万円前後
・PUBLIC TOKYO:8,000円〜2万円前後が中心で、アウターなど一部商品は2万円前後

以上の通り、姉妹ブランドであるUNITED TOKYOとPUBLIC TOKYOと比べても高めの価格設定となっています。ただ前述の通り、日本のデザイナーズブランドを厳選セレクトしているだけあって、クオリティは間違いないです。

TOKYO BASEの谷社長も「生活必需品のユニクロに対して嗜好品のステュディオス」と語っています。嗜好品と言えるだけのデザイン性と品質の高さが魅力ですね。

次は、STUDIOSの人気アイテムを見ていきましょう。

人気のライダースジャケット

ステュディオスのロングセラー「ラムレザーダブルライダース」
出典:ステュディオス公式ホームページ

STUDIOUSのアイテムの中でも特に人気なのがレザーシリーズです。とりわけロングセラーとなっているのがライダースジャケット。

少し話が逸れますが、「ライダースジャケット」は、もともとはプロのレーサー(ライダー)向けのアイテムで、現在では一般のバイク乗りはもちろんのこと、レザー好きの方のアウターウェアとして普及しているアイテムです。

タイプは大きく2種類あって、首元から裾までのがジップが直線になっている「シングルライダースジャケット」と、ジップが斜めに入っている「ダブルライダースジャケット」があります。

話を戻します。

STUDIOUのライダースは、高級感のある革の厚みとソフトな質感を追求しているのが特徴。

毎シーズン、生地やサイズ感などのディテールを変えながら登場しており、シングルやダブルなどの定番ライダースに加え、レザーのシャツやパンツなども展開しています。

STUDIOUSも特設ページを設けるなど力を入れているアイテムですので、気になる方はチェックしてみてください。

次は、気になる世間からの評判を見ていきましょう。

ステュディオスはダサい?評判を調べて見た

世間一般の評価はどうなのか?気になりますよね。ということで、 STUDIOUSの評判を調べてみました。

  1. 僕のTwitterでの反応
  2. 一般のクチコミ

下記で見ていきましょう。

僕のTwitterでの反応

僕のTwitterでTOKYO BASE系列のブランドをご紹介した際にいただいた反応です。

一般のクチコミ

良い評判はたくさん見つかりましたが、マイナスな評判はほぼ見つかりませんでした。

良い評判の多くはデザインやシルエットに対するもので、シンプルだけど洗練されたテイストが好きという声が中心でした。

また、女性からの好意的な意見も多かったです。シンプルでスタイリッシュなデザインなので、女性からも好印象を受けやすいセレクトショップと言えるでしょう。

次は、STUDIOUSがどんな人におすすめのショップなのかを見ていきましょう。

ステュディオスはこんな人におすすめ(系統・年齢層など)

「STUDIOUS」は、普段からお洒落に気を遣う方はもちろんのこと、日本国内のデザイナーズブランドが好きな方や、シンプルでスタイリッシュなデザインが好きな方におすすめのセレクトショップです。

価格は日本のブランドを厳選セレクトしているだけあって1.5万円〜と少し高めの設定ですが、その分、品質やデザイン性の高さは間違いないです。

年齢層のメインは20代を中心とするメンズですが、基本はシンプルでスタイリッシュなアイテムになるので、30〜40代の大人でも着こなしは可能です。

ちなみに最近はシンプルなだけでなくモード寄りの攻めた商品も増えてきた印象なので、ユニクロやGUなどのファストファッションを卒業した方や、普段のファッションに飽きてきた方も一度チェックして損はないと思います。

次は、STUDIOUSのアイテムがどこで手に入れられるのかを見ていきましょう。

ステュディオスの店舗はどこにある?

STUDIOUSの店舗情報をまとめました(2022年時点/一部抜粋)

本店がある原宿には、「STUDIOUS 2nd」「STUDIOUS 3rd」といった店舗があり、それぞれ違ったストアコンセプトを持っていますので、気になる方はチェックして見てください。

ちなみにSTUDIOUS擁する「TOKYO BASE」グループは、積極的な接客スタイルで有名です。

少し言葉が悪くなってしまいますが「接客がひどい」「店員がうざい」と言った声を耳にすることもありました。

ただ、現在はだいぶ落ち着いた印象で、以前ほどグイグイくる接客スタイルでは無くなっているように思います。とはいえ店員さんには普通に話しかけられますので、そうした接客が苦手な方はオンラインなどの通販がおすすめです。

実店舗

▼関東

・原宿(本店):STUDIOUS MENS HARAJUKU
・原宿:STUDIOUS 2nd HARAJUKU
・原宿:STUDIOUS 3rd HARAJUKU
・表参道:STUDIOUS WOMENS OMOTESANDO
・新宿:STUDIOUS MENS SHINJUKU
・新宿:STUDIOUS WOMENS SHINJUKU
・渋谷:STUDIOUS SHIBUYA
・神南:STUDIOUS JINNAN
・丸の内:STUDIOUS WOMENS MARUNOUCHI
・恵比寿:STUDIOUS WOMENS EBISU
・有楽町:STUDIOUS MENS YURAKUCHO
・有楽町:STUDIOUS WOMENS YURAKUCHO
・二子玉川:STUDIOUS WOMENS FUTAKOTAMAGAWA
・池袋:STUDIOUS MENS IKEBUKURO
・池袋:STUDIOUS WOMENS IKEBUKURO
・横浜:STUDIOUS WOMENS YOKOHAMA

▼中部
・名古屋:STUDIOUS MENS NAGOYA
・名古屋:STUDIOUS WOMENS NAGOYA

▼関西
・大阪:STUDIOUS MENS OSAKA
・大阪:STUDIOUS WOMENS OSAKA
・南堀江:STUDIOUS MENS MINAMIHORIE
・心斎橋:STUDIOUS WOMENS SHINSAIBASHI
・難波:STUDIOUS NAMBA
・京都:STUDIOUS KYOTO

詳細は公式HPよりご確認いただけます。

Web販売

公式オンラインショップ
ZOZOTOWN

詳細は公式HPよりご確認いただけます。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

いかがでしたでしょうか?

STUDIOUSは日本のデザイナーズブランドに特化した若者向けのセレクトショップです。

シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴で、オールメイドインジャパンで品質にも優れいています。

こうしたテイストや日本ブランドが好きな方にはとてもおすすめできるセレクトショップですので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

また、『メンズにおすすめのセレクトショップ』をまとめた記事も書いています。洋服年間1000万円以上購入&自社ブランドを複数展開する僕が、有名どころからそうでないところまで一挙にまとめていますので、気になる方は下記からチェックしてみてください!

SHARE

公式LINEに登録する 公式LINEに登録する